日々のてまひま  その4

はるかぜ ブログ

記事一覧へ戻る

日々のてまひま  その4

2016年07月12日

こんにちは、はるかぜです。

 

 今、博多では「山笠が終わると夏が来る」という、

本格的な夏の訪れを告げる博多っ子のお祭り

博多祇園山笠」が行われています。

 

山笠は、「舁き山」と「飾り山」があって、

飾り山は、天神・博多の周辺13か所に飾ってあります。

その中で 唯一、上川端通の飾り山笠のみが「走る飾り山笠」として追い山で櫛田入りをします。

 

今年の表は これ。

西遊記(サイユウキ) 

 無題

 

そして、見送りはこれ。

本朝廿四孝(ホンチョウニジュウシコウ)

 山2

 

 

 

そろそろ 青空が恋しくなってきました・・・・。

 

 

さて、今回のブログは、

日々のてまひま その4.

 

 

今年の3月15日のブログでご紹介しておりました

利用者Nさんの織りあがった布地。

   西

(画像では、実際の美しさが伝えきれなかったのが残念でした)

 

その布地を用いて、素敵なバックが出来上がりました。

それも 大・小 2つ。

  バック2

 

大胆に、表に織り布をぐるりと巻いて、

全体をオリーブグリーンで決めました!

外ポケットも 内ポケットもゆったりたくさん。

  1バック

 

小さい方は、チラリとのぞく可愛いイラストがポケットの中に、

上には、幅広のレースリボン。

 

 

ずっと見ていても飽きないバックです。

 

 

バックに仕上げて下さったのは、

人よんで「手縫いの女神」

知る人ぞ知る「badの助(ばぐのすけ)」白髭さんです。

 

 

 

 

日々、フェルトや織物で素材を生み出す利用者の皆さん。

 

この素材を活かして、素敵に、可愛い小物作りがもっと上手になりた~い!

という職員の思いを汲み取ってくださり、

先日 いつもの手芸の講師、フィッシュさんと

白髭さんがはるかぜに来てWS(ワークショップ)を

開いてくださいました。

 4 3

 

あっと、言う間の1時間30分。

知らないことばかりで、要復習ですが、

 

障害・・・

支援・・・

福祉・・・の毎日の中に、

この日は、

「異業種を知る」時間となりました。

 

日常と異なる内容や事柄を教わることは、

とても新鮮で刺激的で

とても大切なことだと思いました。

 

さあ!忘れないうちに・・・・復習、復習。

 

>092-595-3179までお気軽にどうぞ

社会福祉法人はるかぜ福祉会
〒816-0849 福岡県春日市星見ヶ丘一丁目8番地

【本部】
TEL092-558-1773 / FAX092-595-3174
【はるかぜ】
TEL092-595-3179 / FAX092-595-3174
【ドリームひこうせん】
TEL092-558-0077 / FAX092-558-0017

Copyright(c) 2014-2018 Harukaze Allright Reserved.