ドリームひこうせん

ドリームひこうせん

ドリームひこうせんについて

昭和の最後のころ、障害児を育てているお母さんたちが集まって春日市障害児親の会(あけぼの会)が発足しました。
そのころ、知的障害のある子どもたちが集まれる場所さえありませんでした。

子どもたちの為に、お母さんたちが長い準備の時間をかけて、共同作業所ドリームひこうせんが立ち上がったのは、平成4年のことでした。
春日市が福祉ぱれっと館を建設することとなり、共同作業所ドリームひこうせんは役割を終えて、平成12年3月に解散しました。

平成14年に共同作業所はるかぜが設立され、「地域で暮らす」ことのドリームひこうせんの想いは、引き継がれていきます。

ドリームひこうせんは、3つの柱。

  1. 相談支援事業所では・・・
    障害福祉サービスの計画的かつ効果的な利用を支えます。
  2. 共同生活援助事業(グループホーム)では・・・
    共同生活の現場を支え自立した毎日を目指します。
  3. 居宅介護事業所では・・・
    在宅の生活における支援を充実させることにより豊かな毎日を支えます。

所在地

社会福祉法人はるかぜ福祉会ドリームひこうせん
  • 指定特定相談支援事業所
  • グループホーム(共同生活援助・短期入所)
  • 指定居宅介護事業所(居宅介護・重度訪問介護・同行支援)
  • 移動支援事業所(春日市・大野城市・太宰府市・筑紫野市・那珂川町)

〒816-0849
福岡県春日市星見ヶ丘一丁目8番地

TEL092-558-0077

FAX092-558-0017

交通アクセス

お車でお越しの方
春日南通り(県道580号線)「白水大池公園東」交差点を月の浦方面に曲がって400M程行くと右手にはるかぜがあります。
公共交通機関でお越しの方
春日市コミュニティーバス「やよい」平田台線をご利用。
「ナギの木苑前」バス停で下車してください。

 

指定特定相談支援事業

平成27年6月より障がいのある方の福祉サービスの計画相談を開始しました。生活に合わせた福祉サービスの利用の仕方を一緒に考え、より豊かな生活が送れるように情報提供や計画の作成を行います。

開催曜日・時間

月~金曜日

午前10時~午後4時まで

対象

知的障害者、身体障害者

 

共同生活援助事業

平成28年4月より、グループホームドリームひこうせんを開所しました。親元を離れ、共同生活の中で自分らしい生活ができるように応援していきます。

  • 外観-スロープの入口もあります。
  • ※外部ヘルパー導入にて生活支援あり。
  • ※全12床(入所10床・短期入所2床)

フレンドルーム(食堂)

 

短期入所事業

ただいま準備中です。

 

居宅介護事業

平成28年6月より、居宅介護事業所を開所致しました。障がいのある方のご自宅に伺って、必要な援助を行います。家事援助、入浴介助、食事介助など必要に応じたサービスにより在宅生活を支えます。

サービス内容として

  • 居宅介護
  • 移動支援
  • 同行援護
  • 重度訪問介護

サービス提供日・利用時間

月~日曜日

午前8時~午後8時まで

(12月29日~1月3日を除く)

利用受付窓口時間・曜日

月~金曜日 午前9時~午後5時半

(12月29日~1月3日除く)

 

>092-595-3179までお気軽にどうぞ

社会福祉法人はるかぜ福祉会
〒816-0849 福岡県春日市星見ヶ丘一丁目8番地

【本部】
TEL092-558-1773 / FAX092-595-3174
【はるかぜ】
TEL092-595-3179 / FAX092-595-3174
【ドリームひこうせん】
TEL092-558-0077 / FAX092-558-0017

Copyright(c) 2014-2018 Harukaze Allright Reserved.