はるかぜについて

はるかぜ

記事一覧へ戻る

はるかぜについて


はるかぜとは

2002年4月、春日市内の中学校を卒業した障がいのある二人の「働きたい!」という声を機に、「地域で働き、地域で暮らす」ことをめざして共同作業所はるかぜを設立開所しました。

2008年に地域活動支援センターとなり、2009年4月、就労継続支援B型事業所の指定を受け、2012年4月、多機能型(就労継続支援B型・生活介護)へと変更しました。

2013年4月、社会福祉法人はるかぜ福祉会を設立。2016年4月より就労継続支援B型事業・生活介護事業・自立訓練(生活訓練)事業の日中活動のサービスを提供しています。

活動の5つの柱

障害があっても地域で働き暮らしていくために必要な 社会力(自立と自律)を身に付けるために、5つの柱で活動しています。

  1. 生産活動
  2. 施設外就労
  3. 創作活動
  4. 生活訓練
  5. 社会参加

個別支援計画

はるかぜを利用する皆さんは、それぞれ個別支援計画を持っています。個別支援計画で「こんなことができるようになろう」と目標をたててチャレンジしています。

所在地

〒816-0849
福岡県春日市星見ヶ丘一丁目8番地

TEL092-595-3179

FAX092-595-3174

交通アクセス

お車でお越しの方
春日南通り(県道580号線)「白水大池公園東」交差点を月の浦方面に曲がって400M程行くと右手にはるかぜがあります。
公共交通機関でお越しの方
春日市コミュニティーバス「やよい」平田台線をご利用。
「ナギの木苑前」バス停で下車してください。

 

>092-595-3179までお気軽にどうぞ

社会福祉法人はるかぜ福祉会
〒816-0849 福岡県春日市星見ヶ丘一丁目8番地

【本部】
TEL092-558-1773 / FAX092-595-3174
【はるかぜ】
TEL092-595-3179 / FAX092-595-3174
【ドリームひこうせん】
TEL092-558-0077 / FAX092-558-0017

Copyright(c) 2014-2018 Harukaze Allright Reserved.